夢門塾
夢ブログ
採用情報

放課後等デイサービス夢門塾(むもんじゅく)とは

放課後等デイサービスは、発達に心配のある子どもたちの学齢期における支援の充実のために創設されました。
放課後や長期休暇中においての療育の場と居場所としての役割を担います。
家族・仲間・スタッフの力を借りながら、自分の力を最大限に伸ばして、
「自分の力で生きていく力」を身につけていくよう、共に頑張る場です。

運動を通じた遊び

運動を通じた遊び
運動は脳の活性化を図り、学習を司る脳の一部を刺激することになると考えられています。また、子どもたちのストレス解消の役割も担っています。

学習への取り組み

学習への取り組み
お子様の状況に応じた学習支援を行います。まずは学校の宿題に取り組み、その後、現在の学習レベルに応じた教材を準備し、取り組みます。

生活へ通じた学び

運動を通じた遊び
貯金する、おやつを買うなどの判断は計算力の向上にもつながります。掃除の時間はみんなで役割分担し、使っているものを大切にする心を養っております。
指導員を多く配置

指導員を多く配置

安全の確保、密な教育・指導を行うために生徒一人あたりの指導員を多く配置します。一人一人の子どもを見つめ、安定した施設の運営に尽力します。
ご家族への密な報告

ご家族への密な報告

学校や各関係機関と連携して子どもたちの成長を支え、一つ一つの成功や失敗の体験を将来に活かせるようサポートします。
『運動』『学習』『生活』を通じて子ども達の「生きる力」をのばす
夢門塾が目指しているもの

代表ごあいさつ

代表

お子様の状況に応じた学習支援を行います。まずは学校の宿題に取り組み、その後、現在の学習レベルに応じた教材を準備し、取り組みます。また、創造力や発想力の向上を期待し、工作や読書を行っております。
なにより、家庭では感じることの出来ない周りの友達の頑張っている姿を見ることによる刺激!これこそが、夢門塾の価値と考えています。

夢門塾代表 宇野鉄平

夢門塾は介護福祉サービスゆうゆうが運営しています。